ページ

concept

concept

2016年10月24日月曜日

第111回 滋賀支部定例会 活動報告


2106/10/22に整形外科リハビリテーション学会 滋賀支部定例会が開催されました。
今回は32名の先生にご参加いただきました。





内容は、膝シリーズの第3弾として、infra patella tissueをテーマに、あずま整形外科の山内辰也先生による「レクチャーにつながる触診技術」と、ひぐち整形外科クリニックの奥山より「Infra patella tissueについて」のレクチャーを行いました。










触診では、Infra patella tissueに関わる骨のランドマークに続き、膝蓋支帯と膝蓋下脂肪体を触れていきました。また、超音波エコーを用いた膝蓋下脂肪体の動態についてもお話いただきました。











レクチャーでは、Infra patella tissueについて、膝蓋下脂肪体の拘縮と膝前面部痛との関係に着目して、機能解剖や疼痛の病態解釈と評価・アプローチの実技を行いました。








また、レクチャーの最後には、生田病院の辻修嗣先生より、関節運動における運動軸についてのお話をいただき、骨の生理的な運動軌跡を捉えていくことの重要性を改めて認識できました。



参加された先生方、お疲れ様でした。

次回の定例会は、平成28年11月26日(土)16:00からです。

内容は、高位脛骨骨切り術についてを予定しております。

来月もたくさんの先生方のご参加をお待ちしております。



投稿者:奥山智啓