ページ

concept

concept

2016年11月27日日曜日

第112回 滋賀支部定例会 活動報告

平成28年11月26日(土)に整形外科リハビリテーション学会滋賀支部 第112回定例会が行われました。

内容は膝シリーズ第4弾 高位脛骨骨切り術(HTO)をテーマに、城北整形外科クリニックの杉山慶悟先生による『レクチャーにつながる触診技術』と三倉より『高位脛骨骨切り術』についてのレクチャーを行いました。

触診のレクチャーは膝関節後内側に存在する半膜様筋、腓腹筋内側頭、MCLについて詳細な解剖を示していただき、大変勉強になりました。

城北整形外科クリニック 杉山慶悟先生

実技では、内側裂隙、半膜様筋、腓腹筋内側頭を中心に隣接組織の間隙まで丁寧に行いました。



高位脛骨骨切り術のレクチャーでは、術式の内容から考慮すべきことや、早期に伸展制限を改善する重要性などについてお話しさせていただきました。

城北整形外科クリニック 三倉一輝

実技では後内側組織の柔軟性を改善するアプローチを行い、伸展時のend feel 角度の変化を確認しました。健常人の左右差を評価する練習にもなりました。


実技の様子



触診は奥深いものだと常々感じます。しっかり練習して精度を上げていきたいです。

今回の定例会で年内は最後になります。皆様お疲れ様でした

平成29年は『肩シリーズ』を1年通して行います!
来年最初の定例会は平成29年3月25日(土)です。




12月はシンポジウムが開催されます。

日時:平成28年12月11日(日)9:15~ 受付開始  10:00開始

会場:吹上ホール(名古屋市中小企業振興会館)
   〒464-0856 愛知県名古屋市千種区吹上2−6−3

内容 《Basic》『前腕・手関節の機能評価 〜私の工夫〜』
   《Advance》『肩関節術後アプローチ』

参加費 会員:¥2,000 非会員:¥5,000 
    学生会員:無料 学生非会員:¥2,000


投稿者:三倉一輝